吹き出物の痕のケア

2020/08/29 ブログ
logo

こんばんは~♬

 

 

吹き出ものがでやすい方

もちろんスキンケアの問題もありますが

ホルモンバランスや腸の見直しを

してみてください。

 

 

規則正しい生活をしていますか?

睡眠不足、暴飲暴食、便秘、

偏った食生活、間違ったスキンケア、

メイクを落とさず寝てしまう、

環境の変化、ストレス

などが一般的な原因です。

 

 

ここ最近は規則正しい生活をしていても

数か月前をさかのぼると生活習慣が

一時期乱れていたということもやはり

原因の一つと考えられます。

 

 

ご自身で吹き出物ができる

理由がわかるようであれば

規則正しく整えましょう。

 

 

 

 

私が心配をしているのは…

 

吹き出物が出て

あとが残らないか?ということです。

 

吹き出物が治れば

自然に赤味も落ち着いてきますが

お顔にあると目立ちますので

少しでも早く改善したいですよね?

 

今日はオススメのケア方法を

お伝えいたします。

 

 

 

 

【赤い吹き出物】

 

まず冷やします!

熱を持っていたり痛みを感じるようであれば

保冷剤などで「気持ちいいな」と

感じる程度の冷やすと痛みが和らぎます。

タオルなどで保冷剤をくるみ一日数回

30秒ほど当てて様子をみてください。

 

 

日中は紫外線をしっかり

ブロックをすることが大切です!

紫外線は肌の強い刺激となるので

炎症が起きているときは

紫外線対策をいつも以上に意識して下さい。

低刺激のノンコメドジェニックテスト済みの

日焼け止めがオススメです。

 

※ノンコメドジェニックテストとは

 ニキビができにくい商品でパッケージに

 明記されています。

 

 

 

そして、ビタミンC誘導体配合の

ケアアイテムを使いましょう。

ビタミンCは吹き出物の色素沈着防止や

メラニン色素の抑制効果が期待されている

成分です。

ビタミンC誘導体が配合された

ローションなどを使用しましょう。

 

 

 

 

 

【茶色い吹き出物の痕】

 

吹き出物が治ってしばらくすると

茶色い痕になります。

これは「炎症後色素沈着」といって

ニキビによる炎症がおきたところに

メラニン色素が過剰に作られたものです。

しばらく日にちが経てば薄くなってきますが

やはり気になります。

ケアは赤い痕とほぼ一緒ですが

アプローチ方法が少し違います。

 

 

 

とにかく紫外線はお肌に強い刺激となるため

低刺激のノンコメドジェニックテスト済みの

日焼け止めを選びしっかりブロックすることです!

 

 

 

そhして美白ケアアイテムを使います。

「ビタミンC誘導体」や「プラセンタエキス」

「アルブチン」などが配合された美容液で

しっかりケアしましょう

 

 

 

吹き出物が出来て、

気になるのはわかりますが

手で触って刺激をするのはやめましょう。

化膿したりして回復を遅らせることに

なるだけでなく痕が残ってしまっても

いけないので触れないように

気をつけましょうね!(^_-)-☆